グローバルITガバナンスソリューションの提供開始

KDDI株式会社 2016年09月20日

~海外進出する日系企業向けに、ITガバナンス確立支援をワンストップで提供~

KDDI株式会社 (本社 東京都千代田区、代表取締役社長:田中 孝司、以下KDDI) 、株式会社三菱総合研究所(本社 東京都千代田区、代表取締役社長:大森 京太、以下三菱総研)、株式会社ラック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙梨 輝彦、以下ラック)は、海外進出する日系企業に向けてITガバナンスの確立、セキュリティ対策、IT資産最適化を仕組み作りからサポートする「グローバルITガバナンスソリューション」の提供を開始します。

生産拠点の確立と現地顧客獲得のために海外進出を加速させる日系企業にとって、迅速な経営判断が必要となる現地法人拠点の可視化と、グループ間IT資産配置の最適化、サイバー攻撃へのセキュリティ対策は喫緊の課題となっています。

KDDIは、三菱総研、ラックと協業し、グローバルに展開可能なITインフラ、コンサルティング、セキュリティをお客様へワンストップでお届け致します。これまで企業がITガバナンスを導入するには、現地の調査からリスク分析、応急対処、コンサルティング、ポリシー仕様策定、構築・運用保守に至るまで、複数の会社を跨ぐ必要がありました。今回ご提供するグローバルITガバナンスソリューションは、KDDIがお客様の窓口となり、一連のITガバナンス確立とサイバーセキュリティ脅威への防御体制の整備をワンストップでご提供します。そのため、お客様は複数ベンダーの管理・引継ぎから解放され、スムーズにITガバナンスを確立することができます。また検討から導入までリードタイムを圧縮することで、適切にIT投資のPDCAサイクルを回すことを実現致します。

KDDIグループは、日本の国際通信のパイオニアとして世界190以上の国・地域でサービスを展開しています。国際ネットワーク、お客様の重要なIT資産を守るTELEHOUSEデータセンターサービス、海外事業所の立ち上げから各国の現地事情・商習慣に併せたIT環境の構築・運用保守に至るまでワンストップでの提供を通じて、今後もお客様のグローバルビジネスの展開を強力にサポートしていきます。

  • お客様課題の解決イメージ

株式会社三菱総合研究所について

株式会社三菱総合研究所は、1970年の創業以来、幅広い知見、産官学のネットワークなどを活かして、総合シンクタンクとしての地位を確立してきました。三菱総研グループとしては、このシンクタンク機能を基盤として、コンサルティング、ITソリューションの3つの機能の連携により、お客様の抱える課題に対し先進的な解決策を提示するだけでなく、その実行のサポートにも取り組んでいます。

株式会社ラックについて

株式会社ラックは、1986年にシステム開発事業で創業。1995年にいち早く情報セキュリティ事業を開始し、現在ではサイバーセキュリティ分野のリーディングカンパニーとして、官公庁・企業・団体等のお客様に業界屈指のセキュリティ技術を駆使した、先端のITトータルソリューションサービスを提供しています。2016年には、米フロスト&サリバンより2年連続で「2016 ジャパン マネージドセキュリティサービス プロバイダーオブザイヤー」を受賞しています。
http://www.lac.co.jp/

  • ニュース&トピックスに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせ

+66(2) 075 8888

言語対応 : 日本語は'7', タイ語は'8' , 英語は'9'
営業時間 : 平日 9:00~17:15
(土日祝日はお休みとなります)

お問い合わせ・ご相談フォーム