「KDDI SD-Network Platform」の提供開始について
~柔軟に、効率よく、安全につなぐKDDIのSD-WANソリューション~

KDDI株式会社 2017年10月24日

KDDIは、2017年12月5日(注1)より、日本を含む37の国と地域において、法人のお客さま向けに、Software Defined(SD)技術を活用したネットワークソリューション「KDDI SD-Network Platform」の提供を開始します。併せて、よりセキュアにクラウドサービスをご利用いただける「KDDI Security Cloud」の提供を開始(注2)します。

現在、企業のネットワークは、クラウドサービスの利用拡大や事業拡大に伴う拠点の増加、海外への事業展開など、さまざまな変化への対応が求められています。「KDDI SD-Network Platform」は、こうした変化に強い企業ネットワークを実現するソリューションで、新たな回線を敷設することなく、ネットワークの柔軟な制御と可視化、インターネットも活用した通信経路の最適化を実現します。

また、昨今、企業において、パブリッククラウドサービスの利用拡大によるトラフィック増加・輻輳が課題となっていますが、「KDDI SD-Network Platform」によって、特定のアプリケーションを拠点から直接インターネットへ接続することで、回線コストを抑えつつも、快適にクラウドサービスをご利用いただくことが可能です。
さらに、CASB(注3)をはじめとする「KDDI Security Cloud」をご利用いただくことで、シャドーITの可視化やクラウド上での機密データ保護を強化することができるため、企業のクラウド活用を安全に推進することができます。

なお、「KDDI SD-Network Platform」は、Versa Networks, Inc.(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ市、CEO:Kelly Ahuja)の先進的なVNF(Virtualized Network Function)技術を採用しており、日本を含む37の国と地域において、お客さまの迅速な海外拠点展開とITガバナンスの強化を  実現します。

Versa Networks, Inc.のCEO Kelly Ahuja(ケリー・アフジャ)は次のように述べています。
「KDDIが法人顧客へデジタルとクラウドによる変革を加速するため、VersaのSD-WANとSD-Securityソリューションを採用したことを喜ばしく思います。KDDIは、VersaのクラウドIPプラットフォームを導入し、クラウドネイティブでポリシードリブンなネットワークとセキュリティアーキテクチャを提供し、可視性と制御性を高めることで、企業のより迅速な変革を実現します。」

KDDIは、今後も、ビジネススピードを加速させる柔軟なネットワークソリューションの提供により、お客さまの本業に貢献していきます。

(注1)国内での一部機能の提供と海外地域での提供は、2018年3月より提供開始予定です。なお、海外の提供地域については、順次拡大予定です。
(注2)「KDDI Security Cloud」は、日本国内のお客さま向けのみ提供予定です。
(注3)CASBとは、Cloud Access Security Brokerの略で、複数のクラウドサービスに対して、単一のセキュリティポリシーを適用させるソリューション。

  • ニュース&トピックスに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせ

+66(2) 075 8888

言語対応 : 日本語は'7', タイ語は'8' , 英語は'9'
営業時間 : 平日 9:00~17:15
(土日祝日はお休みとなります)

お問い合わせ・ご相談フォーム