KDDIシンガポール、クラウド利用に最適な次世代ネットワーク「SD-WANサービス」を東南アジアにて順次開始

KDDIシンガポール 2020年09月07日

KDDIの海外現地法人であるKDDI Singapore Ltd (本社: シンガポール、代表取締役社長: 宮原泰彦、以下KDDIシンガポール)は、2020年8月より「SD-WANサービス」をシンガポール、タイ、インドネシア、オーストラリアにて提供開始することをお知らせします。

「SD-WANサービス」は、今後、成長著しいASEAN地域(東南アジア諸国連合)への提供を始めとして、全世界に順次拡大していく予定です。

KDDIシンガポールのSD-WANサービス

背景

  • 企業におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進や、クラウド化への移行が加速しており、ビジネス拡大に即応できる、よりセキュアでコントローラブルなインフラ環境の整備が必要不可欠となっています。
  • 新型コロナウイルスへの対処に伴う在宅勤務やウェブ会議等の利用拡大により、オフィスでの通信トラフィックが増加している傾向にあります。このような急激なトラフィックの増減にも柔軟に対応できるネットワークサービスの需要が高まっています。

本サービスの概要

  • 本サービスは、従来のネットワークサービスとは異なり*1、ネットワークトラフィックの一元的な管理・可視化が可能となります。これにより、日々変化するネットワークトラフィックをアプリケーションや用途ごとにコントロール・最適化することが可能となり、コストの最小化及び、通信品質の確保を同時に実現します。
  • Cloud on Ramp*2 により、パブリッククラウドとのセキュアな接続を容易に行うことができます。
  • *1 従来のネットワークでは管理ツールまたは環境の構築が別で必要であった。
  • *2 SaaSやIaaS環境を利用する際に、最も品質の良い経路を自動選択する仕組み

本サービスの特長

  • お客さまご自身で通信機器などのアセットを保有する必要はなく、KDDIシンガポールが月額サービスでご提供いたします。
  • 既に提供しているKDDIシンガポールの「KDDI GX PLATFORMサービス」の各種サービス(IoT、RPA、マネージドサービス、各種クラウドサービスなど)との連携も可能です。
  • KDDIシンガポールにてSD-WAN機器の能動保守運用*3 を行い、お客さまの監視運用保守をサポートいたします。
  • *3 マネージドサービス(オプション)

KDDIグループは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"ワクワクを提案し続ける会社"として、企業のお客さまのグローバルビジネスの展開を強力にサポートし、新しい体験価値を創造していきます。

本件のお問い合わせ

KDDIシンガポール法人営業担当者または、本ウェブサイトお問い合わせフォームよりお問い合わせください。


■ KDDIシンガポール 会社概要
会社名KDDI Singapore Pte Ltd
設立年1989年9月28日(KDDIシンガポール事務所設立:1961年)
所在地77 Robinson Road, #26-00 Singapore 068896
社長宮原 泰彦
事業内容電気通信事業(通信設備ベース免許保有)、システムインテグレーション、データセンター、インターネットサービス、クラウドサービス、オフィスリロケーション、IoTサービス、サイバーセキュリティサービス、マネージドサービス、各種機器調達など
問合せ先+65-6220-7001

  • ニュース&トピックスに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせ

+66(2) 075 8888

言語対応 : 日本語は'7', タイ語は'8' , 英語は'9'
営業時間 : 平日 9:00~17:15
(土日祝日はお休みとなります)

お問い合わせ・ご相談フォーム